多汗症やワキガを治療

多汗症やワキガの治療にボトックスが用いられるというのもかなり有名な話です。
ワキガと多汗症は違うものなのですが、体質的に多汗症とワキガは関係性の深い事柄になっています。

多汗症やワキガにはアポクリン腺やエクリン腺といった部位が関係していて、これらの分泌腺が多いか少ないかによっても異なってくるのです。
こちらをボトックスで治療する場合は、上に書いたアポクリン腺やエクリン腺の機能を衰えさせることが目的になっています。

これらの機能が衰えれば、汗の量を抑えることができますので、それだけ臭いに繋がりにくくなってくるのです。
施術時間は非常に短く数十分程度で終えることができます。

しかし、永久に効果が持続するというわけではなく、半年から1年程度の効果となっていますので、継続的に効果を得たいのならば、定期的にクリニックに通う必要が出てくるでしょう。

ただし、ワキガや多汗症については、しっかりと抑えたい時期というものがあって、その時期にあわせるようにしてボトックス注射をすれば、よりスムーズに多汗症やワキガの治療を行えるのではないでしょうか。
永続的には効き目がないといっても、半年から1年続けば、しっかりと臭いを抑えたい時期をカバーすることは十分に可能なのです。

このようにボトックスでのワキガや多汗症の治療は、しっかりと使いこなすことができれば、非常に効果の高いものになりますので、選択肢のひとつにしてみてはいかがでしょうか。