エラを目立たなく

ボトックスにはエラを目立たなくするような効果もあるといわれていて、エラとり治療として多くのクリニックで行われています。
具体的にはエラをとってしまうのではなく、相対的にエラを目立たなくすることが目標となっています。

従来までのエラとりを考えてみると、削ったりする大掛かりな治療であることが多く、このため治療のハードルがかなり高くなってしまっていたのです。 しかし、ボトックスを用いたエラとりならば、そのような削ったり切ったりといった治療をする必要がなく、当然術後の回復についても段違いのスピードです。

術後の回復というよりかは、手術後の影響自体が少ない治療法になりますので、回復時間をおかずともすぐに活動することができるでしょう。
エラが張っている人の多くは、骨が突き出ているか、筋肉が発達しているかにわかれます。

骨が突き出ている場合は、大掛かりな手術が必要になってくることが多いのですが、後者の筋肉が発達しているという理由ならば、ボトックスで高い改善効果を得られる可能性があります。

エラが発達しているということは、筋肉が絶えず緊張しているということでもありますので、これをボトックスによって弛緩させてやることで、症状が改善されるというわけです。 治療時間や治療の際の痛みなどもその他のボトックス治療と同様で、影響の少ないものになっています。
もしエラが張っているのがコンプレックスというのならば、ボトックスを考えてみてはいかがでしょうか。